プロフィール

当事務所の代表、美馬克康のプロフィールをご紹介いたします。

美馬 克康
(みま かつやす)

出身

徳島県(幼少時は、阿波踊りっ子でした)
中央大学法学部卒業

資格

  • 司法書士
  • 行政書士
  • 宅地建物取引主任者
  • マンション管理士
  • ビル管理士
  • 管理業務主任者
  • 乙種第4類危険物取扱者
  • 第一種衛生管理者
  • 二級ボイラー技士

職歴

地方公務員として公立病院に勤務

医療事務・経理・患者さんの相談などを担当。患者さんからは、入院費支払・生活保護問題から、ときには嫁姑問題・遺言・相続など、種々の相談に対処。月2~3回の、夜間当直は救急患者の受付で多忙。

学習塾勤務

学習塾経営

小4~中3まで。私も、英語・算数/数学・理科を担当。問題集作成・予習などで、毎日午前1時まで業務。

某国家試験を目指し、受験勉強生活

当時最難関の資格取得を目指す。阿呆なりに頑張った。
短期アルバイトに、夜間工事現場の警備員、ビル清掃員など。雪のふる寒い夜の、工事現場警備も体験。勤務帰りのホステスさんから、「貧しき青年よ、頑張れ」と、温かいコーヒー缶を頂いたこともあった。

とある工事現場で、野良犬の「勘太郎」(私が名付けた)と、出会う。
境遇が似ていると思われたのか、懐いてくるので可愛がり、休憩時には夜食のパンを一緒に食べながら、将来を語る。
「俺が、出世したら、勘太郎を飼ってやるからな」と言うと、「クゥーン、クゥーン」と、「ご主人様、お願いします」と言ってるようだった。
その「勘太郎」が、交通事故で死んだときは、まじ悲しかった。

不動産管理会社勤務

資金が苦しくなり就職し、勤めながら受験勉強。
その後、足りないものがあることを自覚し、某国家試験を断念。

若干の方向転換をし、会社勤務中に各種資格を取得(司法書士・行政書士・宅地建物取引主任者・マンション管理士・ビル管理士・管理業務主任者・乙種第4類危険物取扱者・第一種衛生管理者・二級ボイラー技士)。

美馬克康司法書士・行政書士・マンション管理士事務所 開業

開業後、ペットショップで「勘太郎」によく似た犬を購入し、「二代目勘太郎」と名付け、可愛がったが、公園で行方不明。
犬相(人相でない)の悪い野良犬とじゃれあっていたが、そのままいなくなった。あの野良犬は、誘拐犯ではと思っている。可愛そうな「二代目勘太郎」いまは何処に—-。

美馬克康司法書士・行政書士事務所に変更、現在に至る

マンション管理士業務を廃止

ページトップへ戻る