越谷の株式会社設立は美馬克康司法書士・行政書士事務所へ

株式会社の機関設計

越谷の株式会社設立は美馬司法書士・行政書士

1.会社法に規定されている、株式会社の機関設計の基本ルールは、次の通りです。

2.まず、すべての株式会社は、株主総会と取締役が必要機関です。
公開会社、監査役会設置会社、委員会設置会社では、取締役が必置機関です。

3.取締役会設置会社(委員会設置会社を除く)は、監査役が必置機関です。ただし、中小会社で非公開会社では会計参与を設置した場合には、取締役会設置会社でも監査役を置かないことができます。

4.監査役(監査役会を含む)と委員会とは、両立して設置することはできません。

5.非取締役会設置会社には、監査役会および委員会を設置できません。

6.会計監査人を設置するには、監査役(監査役会を含む)または、委員会のいずれかを設置することを要します。また、大会社であって公開会社においては、監査役会または委員会のいずれかを設置することを要します。なお、会計監査人とは、会社の外部から計算書類などの監査(会計監査)をする者を言い、公認会計士または監査法人のみが会計監査人になれます。

7.会計監査人を設置しない場合には、委員会を設置できません。大会社には、会計監査人を設置することを要します。

8.すべての会社は任意に会計参与を設置することができます。

→ トップ「株式会社設立機関設計解説」に戻る

ページトップへ戻る