越谷離婚・慰謝料請求・財産分与は美馬司法書士事務所

048-970-8046 メールのお問い合わせはこちら

越谷離婚・財産分与・慰謝料請求の専門解説婚姻の法文解説

営業時間
通常営業時間8:30~18:30
ご来訪可時間7:00~21:00
土日祝営業の年中無休
アクセス
東武スカイツリーライン
せんげん台駅 西口1分

婚姻の無効(その1)婚姻の法文解説

本ページでは、婚姻についての法文を解説しています。離婚についてのご相談、承っております。お気軽にお問い合わせください。
離婚・財産分与・慰謝料請求は、最低限の費用で済む当事務所へご相談ください。

2017年11月8日

民法第742条
婚姻は、次に掲げる場合に限り、無効とする。

1.人違いその他の事由によって、当事者間に婚姻をする意思がないとき
2.当事者が婚姻の届出をしないとき。ただし、その届出が第739条第2項に定める方式を欠くだけであるときは、婚姻は、そのためにその効力を妨げられない

婚姻も、当事者の意思に基づく法律行為である以上、無効・取消しの問題が生じます。
しかし、婚姻の効力を否定することは、当事者や子はもちろん、第三者との関係においても、一般の法律行為とは異なる重大な影響を与えます。

そこで、民法は、婚姻の無効を、意思欠缺(一号)と届出の欠缺(二号)に限定しました。
民法総則の無効の規定は、適用されません。

そして、その他の瑕疵ある婚姻を、取り消し得るものにとどめました(取消しの効果は、遡及しません)。

本条一号は、婚姻意思のない婚姻は、無効としていますが、婚姻意思とは、何でしょうか。
学説の伝統的通説は、身分行為意思について実質的意思説をとり、婚姻意思については、社会通念上の婚姻関係を形成する意思である、としています。

判例も、子に嫡出性を与えるための婚姻を、「当事者間に真に社会観念上夫婦であると認められる関係の設定を欲する効果意思」を、有しないものとして無効としました(最高裁判例昭和44年)。

しかし、一方でこれと異なる判例もあります。
それは、死後の相続権などを付与する目的でなされた「臨終婚」について、婚姻意思の内容を、特に問題とせずに有効としています(最高裁判例昭和45年)。

本記事投稿:越谷離婚相談の司法書士・行政書士事務所

離婚費用を最低限に抑えたい方
弁護士に依頼を決める前に、
一度ご相談ください。

まずはお気軽にお電話ください。

048-970-8046 メールでお問い合わせはこちら

当事務所の離婚サポート

財産分与などの離婚協議を公文書に離婚の公正証書作成
ご自身だけで出頭するためのサポートも離婚調停申立書作成
内容証明書作成・成功報酬なし不倫の慰謝料請求

越谷の離婚・財産分与・慰謝料請求当事務所オリジナルの専門解説