越谷離婚・慰謝料請求・財産分与は美馬司法書士事務所

048-970-8046 メールのお問い合わせはこちら

越谷離婚・財産分与・慰謝料請求の専門解説婚姻の法文解説

営業時間
通常営業時間8:30~18:30
ご来訪可時間7:00~21:00
土日祝営業の年中無休
アクセス
東武スカイツリーライン
せんげん台駅 西口1分

成年被後見人の婚姻婚姻の法文解説

本ページでは、婚姻についての法文を解説しています。離婚についてのご相談、承っております。お気軽にお問い合わせください。
離婚・財産分与・慰謝料請求は、最低限の費用で済む当事務所へご相談ください。

2017年12月22日

民法第738条
成年被後見人が婚姻をするには、その成年後見人の同意を要しない

本条は、平成12年4月1日に施行された成年後見制度により、従来の「禁治産者が婚姻をするには、その後見人の同意を要しない」との、文言が廃止され、禁治産者を成年被後見人に、後見人を成年後見人と、変えて規定したものです。

成年後見人の同意・取消権は、基本的に日常生活に及びません(民法第9条)。
また、成年後見制度は、画一的能力制限を廃止し、本人の意思尊重が明文化されています(858条)。

これらのことから、成年被後見人が意思能力を有している限り、単独で身分行為を行い得ることは、当然と考えられます。

なお、改正前は、禁治産者の婚姻の届出には、医師の診断書の添付が義務付けられていました(旧戸籍法32条)。

しかし、成年被後見人であることは、後見登記ファイルに記録されるため、戸籍の記載からは確認できないので、戸籍法32条2項は、削除されました。
実務の取扱いも、届出人に不審な点がない限り、診断書を求めてはいません。

成年被後見人となるのは、比較的高齢者が多く、高齢者の婚姻に伴う特殊性が問題になることがあります。
死亡直前の婚姻の場合に、婚姻意思の問題で、争われることも多いようです。

該当事例として、名古屋高裁判決昭和55年は、次のようなものです。
成年被後見人甲は、死期が近づいた頃に、長年親身の世話をしてくれた乙を妻として、自分の死後に、遺族年金を受けさせたいと考えました。

そこで、甲は、乙の承諾を得て、婚姻届出を行いました。
ところが、甲死亡後に、亡き先妻の親族により、婚姻意思なしとして婚姻無効が争われましたが、判決は、両者の婚姻意思を肯定し、婚姻の有効性を認めました。

本記事投稿:越谷離婚相談の司法書士・行政書士事務所

離婚費用を最低限に抑えたい方
弁護士に依頼を決める前に、
一度ご相談ください。

まずはお気軽にお電話ください。

048-970-8046 メールでお問い合わせはこちら

当事務所の離婚サポート

財産分与などの離婚協議を公文書に離婚の公正証書作成
ご自身だけで出頭するためのサポートも離婚調停申立書作成
内容証明書作成・成功報酬なし不倫の慰謝料請求

越谷の離婚・財産分与・慰謝料請求当事務所オリジナルの専門解説