氏や戸籍のこと

離婚後の氏と戸籍

氏と戸籍が変わる場合

離婚によって氏と戸籍が変わる者は、婚姻時に氏を変えた者です。
原則、下記の図のように婚姻前の氏、戸籍に戻ることになります。
ただし、元の戸籍が両親の死亡などにより除籍簿に移されている場合は、もとに戻ることができませんので、ご自分を筆頭者として新戸籍を作成しなければなりません。

離婚に関する慰謝料の請求は、離婚後3年を過ぎると請求権を失いますので覚えておきましょう。

離婚ごも婚姻中の氏を使用したい場合

離婚後は元の氏に戻ることが原則になりますが、離婚届を提出する時に、「離婚の際に称していた氏を称する届」を市区町村役場に提出すると、離婚後も婚姻中の氏を使用することができるようになります。
ただし、この場合、戸籍は元に戻ることはできません。ご自分を筆頭者とした新しい戸籍を作ることになります。

結婚によって氏を変えた者は、離婚時に下記の3つの選択肢から自分にあった方法を選び、届出をしましょう。

  1. 氏を旧姓に戻し、戸籍も元の戸籍に戻る
  2. 氏を旧姓に戻し、戸籍は自分を筆頭者として新戸籍を作る
  3. 婚姻中の氏を使用し、戸籍は自分を筆頭者として新戸籍を作る

子供の氏と戸籍

子供の氏と戸籍

子供の氏と戸籍は、離婚によって変わることはありません。
離婚によって変わるのは、配偶者のみです。
例えば離婚時、父親が戸籍の筆頭者であった場合、母親が子供の親権を持ち一緒に生活をすることにしても、子供の氏は父と同様となり、戸籍も筆頭者である父親の戸籍に入っています。
これは、母親が婚姻時の氏を離婚後も引き続き使用する手続きを行った場合も、変わりはありません。
この場合、子供を母親の戸籍に移すには別途手続きが必要です。

子供の戸籍を移す方法

子供の戸籍を移すには、家庭裁判所へ「子の氏変更許可申請書」にて氏の変更を申し立て、許可が下りた後に市区町村役場に入籍届を提出する必要がありあります。

子の氏の変更申し立ては難しいものではなく、申立書と子及び父または母の戸籍謄本を家庭裁判所に提出すれば、さほど時間もかからず手続きが完了します。
費用についても、子ひとりにつき800円の収入印紙と郵便切手代だ数百円程度かかるだけです。

子供の戸籍を移す際の注意

母親が旧姓に戻り元の戸籍に戻った場合、この戸籍に子供を入籍させることはできません。
これは「三世代戸籍の禁止」という決まりがあり、子、父母、祖父母の三世代が同一の戸籍となることが禁止されているためです。
また、氏を旧姓に戻し、戸籍は自分を筆頭者として新戸籍を作成した場合、子供をこの戸籍に入籍させるると子供の氏は母親の旧姓に変わります。

母が離婚によって旧姓、元の戸籍に戻っている

母が離婚によって旧姓に戻り新戸籍を作成

ページトップへ戻る

越谷の離婚相談は美馬克康司法書士・行政書士事務所へ