越谷離婚・慰謝料請求・財産分与は美馬司法書士事務所

048-970-8046 メールのお問い合わせはこちら

越谷離婚・財産分与・慰謝料請求の専門解説後悔しないための離婚

営業時間
通常営業時間8:30~18:30
ご来訪可時間7:00~21:00
土日祝営業の年中無休
アクセス
東武スカイツリーライン
せんげん台駅 西口1分

離婚のいろいろQ&A離婚Q&A

本ページでは、現在、離婚を考えている方へ、「後悔しないための離婚」として、離婚をする前に知っておくべき離婚についてを解説しています。
離婚・財産分与・慰謝料請求は、最低限の費用で済む当事務所へご相談ください。

2017年12月8日

Q:離婚後も今の姓を名乗ることはできますか。

離婚後も婚姻中の姓(氏)を使うことは可能です。ただし、離婚届を提出する際または離婚後3ヶ月以内に『婚姻に際し称していた氏を称する届』を役所へ提出する必要があります。

Q:子供たちの戸籍はどうなりますか。

子供の戸籍と氏は、離婚による影響は何もありません。婚姻中の筆頭者であった者の戸籍に残り、氏もそのまま変わりません。

Q:別居中の配偶者が勝手に離婚届を提出してしまうことはできるのですか。

もし離婚届を勝手に提出されてしまう心配がある場合は、離婚届の不受理申出書を役所へ提出しておくことで、一方的に提出した離婚届を受理されないようにできます。

Q:別居が長かったので離婚後すぐに再婚する予定ですが、何か問題はありますか。

女性の場合、離婚後6ヶ月間は再婚ができません。これは、再婚後すぐに妊娠がわかった場合に父親が前夫となるのか、現夫となるのかが特定できないためにとられた法的措置です。

Q:婚姻届を未提出のいわゆる事実婚ですが、相手の浮気で事実婚を解消するが、相手に金銭的な要求はできるのでしょうか。

婚姻届を提出していなくても、夫婦同然の生活をしている婚姻関係を事実婚といいますが、事実婚を解消する場合、婚姻に準ずる関係として破綻となった原因を作った側に慰謝料を求めることが認められています。ただし、事実婚は単なる同棲とは違います。

本記事投稿:越谷離婚相談の司法書士・行政書士事務所

離婚費用を最低限に抑えたい方
弁護士に依頼を決める前に、
一度ご相談ください。

まずはお気軽にお電話ください。

048-970-8046 メールでお問い合わせはこちら

当事務所の離婚サポート

財産分与などの離婚協議を公文書に離婚の公正証書作成
ご自身だけで出頭するためのサポートも離婚調停申立書作成
内容証明書作成・成功報酬なし不倫の慰謝料請求

越谷の離婚・財産分与・慰謝料請求当事務所オリジナルの専門解説