事務所紹介

* 業務のご案内は、こちら

土曜・日曜・祝日も営業

事務所 美馬克康司法書士・行政書士事務所
代表者 美馬  克康(みま かつやす)

出  身 徳島県 中央大学法学部卒業
所在地 埼玉県越谷市千間台西1-12-1
 ダイアパレスルネッサせんげん台506号

連絡先 048-970-8046


パソコン用ホームページ
 →
美馬克康司法書士・行政書士事務所
       
  お問合せフォーム 

営 業 8:30〜18:30(年中無休)

     ご予約頂ければ、早朝7時よりお請けいたします。

     夜は、ご予約で21時迄、OKです。
     駅近ですので、お勤め帰りにご利用ください。

交 通 東武スカイツリーライン せんげん台駅

        (急行停車駅)西口徒歩1分

エリア 越谷・草加・春日部・久喜・三郷・八潮・柏・松戸・東京ほか

携帯の方は、こちらから周辺地図をごらんください


遺産分割の意義

  • -

1 遺産分割とは、相続財産を、各相続人に分配し、

  帰属させる手続きです。


2 遺産分割の対象となる財産は、相続財産です。

  
    それでは、遺産分割前に、4人の共同相続人全員が合意して

  相続財産、たとえば土地を、1億円で売却した場合の代金債権も、

  遺産分割の対象となるのでしょうか。

 
    この場合、土地は売却によって遺産分割の対象でなくなります。

  
     4人の相続人は、遺産分割をすることなく、各自が2,500万円を

  買主に請求できます。


 
 遺産分割協議書作成、お請けいたします。

  048-970-8046  みま司法書士・行政書士


遺産分割の種類

  • -

1 指定分割

  被相続人が、遺言で分割方法を指定し、または、相続人以外の

  第三者に分割方法の 指定の委託をしている場合は、それによって

  分割が行なわれます。

 

2 協議分割

  相続人全員が、協議によってする分割です。

 

3 審判分割

  遺産分割協議で解決できなかったときは、各共同相続人は家庭

  裁判所に分割請求ができ、審判により分割が行なわれます。


遺産分割協議 総説

  • -

 1 共同相続人は、「分割禁止の定め」がない限り、いつでも全員で
      遺産の分割の協議を することができます。
  

 2  「分割禁止の定め」,は次の場合があります。

      ^筝世砲茲詈割禁止

     遺言で、被相続人が遺産分割を禁止すれば(分割禁止期間は、
            相続開始から5年 以内)、共同相続人全員の合意があっても、
            その期間内は遺産分割ができません。 
 
    ◆/拡修砲茲詈割禁止

     家庭裁判所に遺産分割請求をしたときに、分割禁止の審判が、
            なされる場合が あります。

     協議による分割禁止

     5年以内に限って、共同相続人の協議で、分割禁止とできます。 


   * 遺産分割協議書作成、ご相談ください。


遺産分割協議 開始

  • -
1 相続人の1人が、遺産分割の請求をすれば、他の相続
  人は、分割の協議に応じなけれ
なりません。 

 2 遺産分割協議には、共同相続人全員の参加が必要であり、
   一部の相続人を除外して なされた分割協議は無効です。 

 3 包括受遺者は、相続人と同一資格で分割協議に参加します。
   相続分の譲受人も、分割協議に参加します。


遺産分割の方法

  • -

1 遺産分割の協議によれば、現物分割、換価分割その他
  どのような方法でも可能とされています。

2 相続人の一部の者の取得分を、零とすることも可能です。
  この場合、零とした相続人も、負債(相続債務)は負担
  しなければなりません。

3 被相続人が、遺言で相続分を指定している場合(たとえば、
  3人の相続人に3分の1ずつ相続させると定めている)は、
  どうでしょう。

  この場合も、共同相続人の協議で、指定と異なる協議が
  できると解されています。

  よって、1人の相続人に、全遺産を与えることもできます。
  
  ただし、遺言執行者がいる場合は、遺言による相続分の
  指定通りとなり、協議での変更はできません。


    遺産分割ご相談ください。
  048-970-8046   みま司法書士・行政書士


遺産分割協議の対象遺産

  • -
1 遺産分割協議の際、遺産の評価が問題となりますが、
    遺産分割協議の時点での評価
を基準とします。

  
  そして、負債を控除したり、相続人の寄与分とか特別受益
   を考慮します。

  
2 遺産分割は、個々の財産全てを、2分の1とか3分の1に
  分割すべきではありません。

   
  たとえば、亡くなった父親が商店を経営し、長男が父親を
  手伝っていたとします。

  
  その商店を相続人4人が、4分の1ずつ相続したものとして、
  長男以外
の者が、4分の3 を他人に売却すると、その商店
  は無くなったと同様です。

  
  
やはり、分割の協議では、商店を残すような話し合いをする
  べきでしょう。



3 相続債務は、遺産分割の対象となりません。

  
  相続人の1人が、全債務を承継するとの、遺産分割協議が
  成立しても、債権者は、他の相続人に、債務の履行を請求
  することができます。


遺産分割の効果

  • -
1 遺産の分割は、相続開始の時にさかのぼって効力を生じます。 
     
  すなわち、遺産分割で取得した財産は、相続開始時に被相続人から、
     直接取得したこと になります。

  遺産分割協議に参加した他の相続人から、譲渡されたものではありません。

2 遺産分割協議後に、認知によって相続人となる場合があります。

  この場合、認知された者は、遺産分割協議で遺産を取得した者に対し、
  価額支払請求が可能です。

  しかし、遺産分割協議の無効を主張することは、できません。

    遺産分割ご相談ください。
  048-970-8046   みま司法書士・行政書士

遺産分割で取得した財産の瑕疵

  • -
遺産分割によって取得した財産に瑕疵がある場合、どうすべきでしょう。

1 たとえば、分割協議で債権を取得 したが、債務者が破産をしていて債権の
    回収ができない、ということがあります。
 

2 この場合、各共同相続人はその相続分に応じて、担保責任を負います。
    再分割を必要とするほどの瑕疵は稀でして、損害賠償で解決されるのが多い
    ようです。

3 遺産中の債権は、分割時における債務者の資力が共同相続人によって担保
     されます。 
     ただし、弁済期に至らない債権は、弁済時の債務者の資力が担保されます。

4 担保責任は、共同相続人全員による相互負担です。
    相続人中に無資力者がいる場合には、他の全員がその者の負担すべき部分をも、
    相続分に応じて、負担しなければなりません。


代襲相続

  • -

 1 代襲相続とは

   代襲相続とは、被相続人の死亡以前に、相続人となるべき子・兄弟姉妹が
 死亡し、また
は廃除され、あるいは欠格事由があるために相続権を失ったとき、
 その者の直系卑属が
その者に代わって、同一順位で相続人となることです。

  
  2 被代襲者  

  被代襲者は、被相続人の子および兄弟姉妹です。

  直系尊属および配偶者には、代襲相続は認められません。

 3 代襲原因   

   代襲原因は、次の通りです。

  〜蠡崖始以前の死亡

   同時死亡の推定によって、相続開始と同時に死亡した者も、被代襲者に
  ふくまれます。

   失踪宣告を受けた者は、その死亡とみなされる日に死亡したことになります
  から、その日
が相続開始以前であれば、代襲原因となります。


 ◆〜蠡碍膤  
  相続人の廃除

    相続放棄は、代襲原因とはなりません。

    したがって、相続人が相続の放棄をしたときは、その者の子は代襲相続権
   を有しません。


  
 相続問題、ご相談ください。
   048-970-8046    みま司法書士・行政書士